資料公開

【小説家 田山花袋の動画を新発見!】

郡山市が公立大学法人横浜市立大学と連携して取り組んでいる「こおりやま文学の森資料館所蔵フィルム修復」により、パイロット調査として修復とデジタル化が完了した2本のフィルムの映像を6月 15日(火)より久米正雄記念館レファレンス室にて公開します。
 
<映像概要>
庄司達也教授(横浜市立大学 国際教養学部)の調査結果から、修復された2本のフィルムのうち1本には作家の久米 正雄や里見 弴(さとみ とん)のほか、映像資料としては初めて確認された可能性が高い田山 花袋(たやま かたい)の姿が認められました。その成果は、日本近代文学史における価値にとどまらず、多摩川流域の郷土資料、当代の風俗研究の対象としても高い価値があることが指摘されています。
 
チラシのダウンロードはこちら.pdf
 
田山花袋プロフィール jpg
 

 展示風景
 
 映像公開に合わせて、2019年に実施した特別企画展「甦る文豪たち」展示図録をご覧いただけます。
こちらから資料をダウンロードできます。