けんしん郡山文化センター(郡山市民文化センター) けんしん郡山文化センター(郡山市民文化センター)

イベント案内

チラシ(pdf 1.06MB)
開催日時
2022年7月10日(日) 15:00開演
会場
大ホール
入場料
一般6,500円 高校生以下3,000円 車椅子席3,000円
障がい者割引制度
※未就学児入場不可
※高校生以下及び車椅子席はけんしん郡山文化センターのみ販売
※座席の間隔を空けずに販売いたします。
◆駐車場がありませんので、公共交通機関等をご利用ください。
出演者
沖澤のどか(指揮)
エマニュエル・パユ(フルート)
NHK交響楽団(管弦楽)
詳細情報

新進気鋭の指揮者・沖澤のどかと、ベルリンフィル首席フルート奏者・エマニュエル・パユによるフランス音楽の名曲をお楽しみください。

【演奏曲】

プーランク:バレエ組曲「牝鹿」
プーランク:フルート・ソナタ(L.バークリーによるフルートと管弦楽編)
フォーレ:幻想曲作品79
ラヴェル:組曲「マ・メール・ロワ」
ラヴェル:ボレロ
※内容は予告なく変更となることがございます。


※新型コロナウイルス感染予防のため、ガイドラインに基づき運営しております。
※ワクチン接種後であってもマスクの着用など感染対策にご協力をお願いいたします。
※終演後は分散退場を行いますのでご協力をお願いいたします。

※事前に厚生労働省が開発した接触確認アプリ(COCOA)のインストールをお願いします。(※リンク先は、厚生労働省のウェブサイト)


みゅーあい郡山(郡山市勤労者互助会)は、公益財団法人郡山市文化・学び振興公社が郡山市の支援を受けて運営しています。


【出演者プロフィール】

 [沖澤のどか]

青森県出身。
2020年8月よりカラヤン・アカデミーの奨学金を得て、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団にてキリル・ペトレンコ氏のアシスタントを務めている。
2022年3月ベルリンの大統領官邸でウクライナとの連帯を示すための演奏会が開かれベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮した。日本人が指揮をしたのは15人目で、2011年の佐渡裕さん以来。


東京藝術大学音楽学部指揮科首席卒業。卒業時にアカンサス音楽賞、同声会賞を受賞。同大学院修士課程修了。ハンス・アイスラー音楽大学べルリン修士課程オーケストラ指揮専攻修了。
第56回ブザンソン国際指揮者コンクール優勝。同時に聴衆賞、オーケストラ賞を受賞。


https://www.nodokaokisawa.com/
(リンク先は、沖澤のどかさんのウエブサイト ※英語)


 [エマニュエル・パユ Emmanuel Pahud]

1992年ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のオーディションに合格し、翌年には首席奏者に就任。2000年6月ベルリン・フィルを退団、同年9月から2001年6月までジュネーヴ音楽院フルート科の教授として後進の指導にあたる。
2002年4月ベルリン・フィルに復帰、同オーケストラ首席奏者およびソロ・フルーティストとしての演奏活動を再開。


世界の名だたるオーケストラおよびコンサートホールに招かれ演奏しており、日本ではリサイタルの他、N響、読響、大フィルを含むオーケストラとの共演等を行っている。


2022年7月の来日では、全国6か所での公演を予定。
NHK交響楽団との共演は、前日7月9日(土)の「Bunkamuraオーチャードホール(東京都)」と郡山。
東京と同じ公演を、郡山でも楽しめます。


https://www.pahudemmanuel.com/
(リンク先は、エマニュエル・パユさんのウエブサイト ※英語)


〇福島県「感染防止策チェックリスト」(pdf 472.5KB)

イベント一覧へ戻る