⑥大安場古墳の時代


大安場1号墳は、1日100人が働いて200日かけて造られ、古墳の頂上には壺が約50個並べられていたと考えられています。古墳の主の話を聞いてみましょう。


展示スペースの様子

二重口縁壺(実物)

大安場1号墳の築造風景(1/60)

主体部の様子(模型)

大勢の人が働いていたと考えられています。

埋葬部の復元模型(実物大)

腕輪形石製品。完全な形で出土したのは東北地方では唯一の例です。

実際に触れることができるレプリカも用意しています。(感染症対策のため、現在は展示しておりません)

四角形の世界。市内の方墳などから出土した遺物を展示しています。