三汀賞について

三汀賞とは

 「三汀賞」は、久米正雄の俳号「三汀」にちなみ広く俳句を募集するもので、久米三汀自身を顕彰するとともに、その俳句に対する情熱の継承を目的として設定したものです。
 久米の文学的才能は開成山の地で育まれ、郡山の俳句結社「群峰吟社」で才能がさらに磨かれました。

募集のご案内


第18回 三汀賞俳句募集 

募集対象
一般(高校・大学生含む)・中学生・小学生の3部門を設定
募集期間
平成29年7月1日~9月30日※当日消印有効
応募方法
はがき又は応募用紙に応募する句と、住所・氏名・年齢・職業(学校名・学年)・電話番号を明記して送付してください。FAX、E-mail、俳句ポスト(文学資料館内設置)でも受け付けます。
募集作品
自作未発表のもので、一人二句までとします。著作権は主催者に帰属し、作品の返却は行いません。
部門ごとに三汀賞(最優秀賞)1名、優秀賞2名、佳作3名、はなかつみ賞1名、小中学校の各部門に学校賞1校
選者
西村和子、細谷喨々、橋本研二、益永涼子、三輪晶子
主催
郡山市・郡山市教育委員会・こおりやま文学の森資料館(公益財団法人郡山市文化・学び振興公社)
入選発表
平成30年1月上旬に入賞者に審査結果を通知いたします。
表彰式
平成30年2月4日 ※併せて入賞作品展示を行います。