催し物のご案内

  • HOME
  • 催し物のご案内

特別企画展・企画展

こおりやま文学の森資料館では、特別企画展を年に2回、企画展を年に1回催しています。

「100年前の久米正雄」

 夏目漱石の門下生であった久米正雄は、漱石の長女に恋心を抱くようになりましたが、その恋は実らず、久米の親友と結婚します。傷心の久米は、郡山に帰郷しましたが、友人たちの激励により再び上京し、自らの失恋体験を素材とした作品を次々と発表しました。それらの作品が好評を得て文名を高めていくことになります。小説『破船』の前編が1922(大正11)年に、1923(大正12)年には後編が刊行され、流行作家になっていった時期、100年…

開催期間
2024年4月27日(土)~2024年6月16日(日)
詳細を見る
特別企画展・企画展一覧を見る

三汀賞

毎年、久米正雄の俳号にちなんだ「三汀賞」の俳句を募集しております。皆様のご参加をお待ちしております。
また、これまでの入賞作品も掲載しております。どれも情緒溢れる俳句です。是非ご覧ください。

詳しく見る

文庫本等頒布のご案内

郡山ゆかりの作家である久米正雄と宮本百合子の代表作として著名でありながら
今日ではなかなか読む機会の無い作品を収録した文庫本を販売しています。

詳しく見る