本文へスキップ

代表理事あいさつ

 日ごろから、公益財団法人郡山市文化・学び振興公社の活動にご理解とご協力を賜り誠にありがとうございます。
 当公社は、平成17年4月に財団法人郡山市文化施設管理公社、財団法人郡山市埋蔵文化財発掘調査事業団及び財団法人郡山市勤労者福祉施設振興公社の統合により設立し、平成24年4月に福島県から公益目的事業を行う基準に適合すると認定され、公益財団法人となりました。市民文化の振興、文化財の調査研究及び労働福祉の増進を行うとともに、豊かな人間性の涵養を図り、もって市民福祉の向上に寄与することを目的としており、多岐にわたる公益目的事業を展開しております。
 施設の管理運営については、平成18年から平成25年までの8年間、郡山市民文化センターや郡山市ふれあい科学館、郡山市こおりやま文学の森資料館、大安場史跡公園など7つの公共施設の特定指定管理者として委ねられ大過なく管理運営を行いました。平成26年から平成30年までは指定管理者の選定方法が特定指定から一般公募となりましたが当公社が提案した事業内容等が評価され、引き続き7つの公共施設の指定管理者となりました。そして令和元年からは郡山市開成館など4つの施設を加えた11施設の管理運営を行っております。
 さて、3月16日に発生した福島県沖地震の被害を受け利用を休止していた郡山市民文化センターの大ホール及び中ホール、郡山市労働福祉会館の大ホールは復旧修繕が進み文化センター中ホールは5月21日に、大ホールは7月10日に、郡山市労働福祉会館の大ホールは7月22日に利用を再開することができました、これからも住民の福祉の増進を図るため公の施設の指定管理として、安心安全な管理運営に努力してまいります。
  また、コロナ禍において文化芸術が果たし得る社会的な役割は、更に一層その重要性を増しているものと考えております。市民の皆様が文化や芸術を通じて日々健やかに過ごせますよう、当公社では引き続き感染症対策を徹底して施設運営・事業実施に取り組んでまいります。
 結びに、当公社は、公益財団法人として、文化・芸術・科学の振興に関する事業をはじめ、様々なジャンルの充実した公益目的等の事業を展開し、未来ある地域社会の発展に貢献してまいりますので、皆様の更なるご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

令和4年7月
公益財団法人郡山市文化・学び振興公社
代表理事 山 本 晃 史

公益財団法人郡山市文化・学び振興公社

〒963-8878
福島県郡山市堤下町1-2
(郡山市民文化センター内)

TEL 024-934-2288
FAX 024-934-2326