郡山ゆかりの作家

久米正雄

早成の才人、
「微苦笑」の作家、多芸の趣味人

久米正雄

 久米正雄は長野県上田で生まれた。父由太郎は福島県の近代教育の基礎作りの後、長野県へ転出した。
 母幸子は安積開拓の指導者立岩一郎の娘である。小学校長の父が火災で御真影を焼失した。責任を負って自殺したので、残された母子は、母の実家開成山に移住した。開成小、金透小、安積中学校(現安積高校)に学ぶ。中学時代に教頭西村雪人の指導で新傾向俳句を学び三汀と号した。推薦で第一高校(現東京大学)入学。同期の芥川龍之介、菊池寛等と第三・四次「新思潮」を発刊した。東大生の時に開成山の牧場をモデルにした『牛乳屋の兄弟』で劇作家として出発。『地蔵教由来』『阿武隈心中』等郡山を舞台にした戯曲を発表。父の死を描いた小説『父の死』や一高の学生生活を描いた小説集『学生時代』は傑作。夏目漱石門下となる。
 漱石没後に令嬢筆子に恋し夏目家出入り禁止となる。この体験を『蛍草』『破船』に描き大正期を代表する作家となった。

石井研堂石井研堂
高山樗牛高山樗牛
鈴木善太郎鈴木善太郎
諏訪三郎諏訪三郎
中山義秀中山義秀
真船豊真船豊
東野辺薫東野辺薫
宮本百合子宮本百合子
久米正雄久米正雄
玄侑宗久玄侑宗久