郡山ゆかりの作家

鈴木善太郎

profile-suzuki.jpg小説と西洋戯曲の翻訳を通して
演劇発展に貢献

鈴木善太郎

 ロボットとは人造人間の意だが、これを広く日本に紹介したのが鈴木善太郎である。鈴木善太郎は明治17年に郡山の大町、鈴木合名会社の長男に生まれた。金透小、安積中学校を中退して上京、早大を卒業した。初め朝日新聞記者として活躍した。小説『幻想』等で作家としての地位を確立する。長編小説『山荘の人々』が懸賞入選して、新聞「万朝報」に連載された。大正11年にヨーロッパへ旅行して持ち帰ったのがチェコの劇作家チャペックの戯曲『ロボット』で、翻訳上演した。またハンガリーの劇作家モルナールの作品『リリオム』等多くの作品を翻訳紹介した。オニールの『猿』等を訳したことでも知られ、日本近代演劇界に残した足跡は大きい。藤森成吉作『磔茂左衛門』を演出して大変な好評を得た。戦災で郡山に疎開、戦後は郡山文化協会等で市文化に貢献。


gallery-suzuki.jpg

石井研堂石井研堂
高山樗牛高山樗牛
鈴木善太郎鈴木善太郎
諏訪三郎諏訪三郎
中山義秀中山義秀
真船豊真船豊
東野辺薫東野辺薫
宮本百合子宮本百合子
久米正雄久米正雄
玄侑宗久玄侑宗久