郡山ゆかりの作家

高山樗牛(林次郎)

profile-takayama.jpgロマン主義の美文調で
明治の青年を魅了する

高山樗牛(林次郎)

 高山樗牛は山形県鶴岡の生まれ、父斎藤親信の兄高山久平の養子となった。久平が福島県庁に勤務したので福島に住み、福島中学校(現安積高校)に学んだ。明治19年養父の東京転勤で中途退学したが、安積高校では樗牛が学んだ事を誇りにして樗牛賞を設けている。仙台の第二高校(現東北大学)在学中、ゲーテ作『淮亭郎の悲哀』を訳した頃からペンネームを樗牛とした。古代中国の荘子の書からとったものである。
 東大在学中に読売新聞懸賞小説に匿名で入選したため話題となった。東大を卒業後、出版社博文館の雑誌「太陽」を編集して評論活動をした。文章は浪漫的美文調で明治期青年に広く読まれた。日本主義、ニーチェ主義、日蓮主義と短い生涯の中で思想遍歴をしている。日本近代化の思想の悲劇を象徴した文学であった。『日本美術史』で文学博士号を得る。ヨーロッパ留学を目前に病没した。

gallery-takayama.jpg

石井研堂石井研堂
高山樗牛高山樗牛
鈴木善太郎鈴木善太郎
諏訪三郎諏訪三郎
中山義秀中山義秀
真船豊真船豊
東野辺薫東野辺薫
宮本百合子宮本百合子
久米正雄久米正雄
玄侑宗久玄侑宗久