郡山ゆかりの作家

東野辺 薫(野辺慎一)

戦時下で芥川賞を受賞し、
地元文学の発展に貢献

東野辺 薫(野辺慎一)

 東野辺薫は二本松に生まれた。安積中学校、早大卒業。県立高校の教員生活の中で小説の執筆をした。父野辺保蔵の上川崎小学校長時代に上川崎村(現二本松市)で過ごし、和紙作りに接した体験に基づいて描いた『和紙』が昭和18年に第18回芥川賞を受賞した。昭和5年に戯曲『黎明を待つ人々』を出版して作家活動に入ったが、文学的に世に知られるようになったのは、昭和16年に毎日新聞懸賞小説に当選した作品『国土』が「サンデー毎日」に連載されてからである。『和紙』も『国土』も戦争を背景にした作品で、どちらも出征する農民の姿が描かれている。出征前夜に遅くまで紙を漉く主人公や自分の畠の土を袋につめて戦場へ向う主人公は、生きて再び帰郷できぬ覚悟が表現されていると同時に静かな中に作者の平和への希求が描き出されている作品である。


石井研堂石井研堂
高山樗牛高山樗牛
鈴木善太郎鈴木善太郎
諏訪三郎諏訪三郎
中山義秀中山義秀
真船豊真船豊
東野辺薫東野辺薫
宮本百合子宮本百合子
久米正雄久米正雄
玄侑宗久玄侑宗久