文化財普及

令和3年9月8日(水) 新展示のお知らせ

ビッグアイ6階の市民プラザにおいて、ミニ展示「瓦からみる古代の郡山」がスタートしました。
古代安積郡の郡役所があった清水台(しみずだい)遺跡と、周辺の遺跡から見つかった瓦を通して、古代の郡山地域について紹介しています。

市内の麓山・開成山・針生などにあった窯で焼かれた瓦は、清水台遺跡へと供給され、役所などの建物の屋根に葺かれていたようです。
展示期間は12月頃までを予定しています。郡山駅から徒歩5分程ですので、ぜひお立ち寄りください。

令和3年9月6日(月) 正直古墳群第2次発掘調査の報告書を公開します。

今回は、平成30年度に実施した正直古墳群の第2次発掘調査の報告書を公開します。
以下の報告書タイトルをクリックしてご覧ください。

正直古墳群ー第2次発掘調査報告ー(PDF)

令和3年8月24日(火) 守山城の草刈り(3回目)を実施しました。

昨日から今日にかけて、今年3回目となる守山城の草刈りを実施しました。
ここ数日の雨で大量の水が溜まってしまったため、ポンプで排水しながらの作業となりました。
作業の途中にはお城の見学者が訪れるなど、嬉しい出来事もありました。
作業員の方も大絶賛する守山城の美しい石垣、ぜひ一度ご覧ください。

 

令和3年8月23日(月) 正直古墳群第1次発掘調査の報告書を公開します。

これまで当センターで行なってきた発掘調査の報告書を、順次公開していくことになりました。
今回は、平成29年度に実施した正直古墳群の第1次発掘調査の報告書です。
調査・研究などにお役立てください。

正直古墳群ー第1次発掘調査報告ー(PDF)

令和3年7月12日(月) 守山城の草刈り(2回目)を実施しました。

先月に続いて、郡山市田村町にある守山城の草刈りを実施しました。二の丸の平場と内堀、石垣から伸びた草を刈りました。堀の底に水が溜まっていたり、作業の途中で小雨が降ったりして、コンディションは悪かったのですが、無事に終えることができ一安心です。

なお、写真に写っている内堀は、雨の後は特に水が溜まりやすく、足元が悪くなります。見学の際は十分にご注意ください。

令和3年6月11日(金) 蒲倉古墳群の草刈りを実施しました。

本日は郡山市蒲倉町・安原町・横川町にまたがる蒲倉古墳群の草刈りを実施しました。蒲倉古墳群は古墳時代終末期に造られた群集墳で、70基以上の墳丘が確認されています。発掘調査では土器や鉄製品が多く出土しました。

草を刈ったことで、当時石室に使われた石材や墳丘の形がより見やすくなりました。この機会に、蒲倉古墳群を散策してみてはいかがでしょうか。

令和3年6月10日(木) 守山城の草刈りを実施しました。

6月9日・10日の2日間にわたって、郡山市田村町にある守山城の草刈りを実施しました。守山城は、中世から戦国時代にかけて田村氏の居城や蒲生・上杉領の支城といった変遷をたどり、1615(元和元)年の一国一城令に際して破却されたと考えられています。発掘調査によって堀跡や石垣、礎石建物などが確認されました。

草を刈ったことで、自然石を積み上げた野面積み(のづらづみ)の石垣がくっきりと姿を現しました。

最後に参加したメンバーで集合写真を撮りました。暑い中、本当にお疲れさまでした。

令和3年6月8日(火) 出前授業:永盛小学校

今日は郡山市立永盛小学校へ出前授業に行ってきました。社会科の授業で間もなく歴史を学び始めるという6年生の皆さんに「郡山の遺跡」というテーマで授業を行いました。大昔の人びとが使っていた石鏃や縄文土器にも実際に触れてもらいました。先生も含めて皆さん興味津々でした。

 

今回の授業をきっかけに、地元郡山市の遺跡や歴史にも関心を持ってもらえたらいいですね。

令和3年5月27日(木) 新展示が始まりました。

ビッグアイ6階市民ふれあいプラザ広報スペースで「一ツ松遺跡展」が始まりました。郡山市田村町川曲の一ツ松(ひとつまつ)遺跡では、縄文時代や平安時代の集落の跡が発見されました。そのうち今回は、縄文時代の人びとの暮らしぶりを伝える資料を展示しています。大きな縄文土器や可愛らしい土偶(どぐう)たちがお出迎えしてくれています。

展示替えの様子

 

「一ツ松遺跡展」の会期は9月初旬頃までを予定しています。この機会にぜひご覧ください。

令和3年5月24日(月)

5月20日(木)、あさかの学園大学の教養講座で「古代の郡山」というテーマで講義を行ないました。古代の郡山で焼かれた瓦の実物に、受講者は興味津々でした。



令和3年5月7日(金)

あさかの学園大学の教養課程で「郡山の遺跡」というテーマで講義を行いました。郡山市内の遺跡数や時代ごとの分布などについて説明しました。

 

 

令和3年4月20日(火)

ビッグアイ6階市民ふれあいプラザ広報スペースにおいて、鳴神・柿内戸(なるがみ・かきうど)遺跡展を開催中です。調査地からは、縄文時代の狩猟の場や奈良・平安時代の集落跡が見つかりました。奈良・平安時代の遺跡については、鍛冶関連の遺構と遺物が見つかったことが特徴です。